【心の病気】うつ病について理解を深めるためにチェックしよう

うつ病の原因とは?

悩む人

最初にわかってほしいことがあります。うつ病の原因はストレスが大きく関わってくるということです。常に自身のストレスをチェックすることで発症せずに日々の生活を送ることも可能です。しかし、チェックすることも出来ないくらい毎日が忙しいと発症するリスクは高まります。それでは詳しいうつ病の原因について説明していきましょう。
実際には、原因はハッキリ解明されていないのですが、大きな要因として2つあります。「環境」「身体的」です。要因の1つめ「環境」について紹介します。環境とは、生活環境や仕事環境を1つにまとめています。例えば、初めてのことをしたら、緊張することは誰でもあります。今までの居心地の良い環境ではなく、居心地が悪い環境になると、心にストレスを溜めてしまいます。そのストレスを多く溜めてしまうと、うつ病発症を高めます。続いて2つ目の要因である「身体的」です。病気が原因でうつ病を発症することもあります。病気の症状が苦しくて心に負担をかけてしまうことになります。がん患者の全体の約2割がうつ病と言われています。ガンの移転や再発があると心へのダメージは大きく、それに闘病生活が辛くて発症するケースも多々あります。
うつ病の原因がしっかり解明されたなら防ぐことができる可能性が高いうつ病。ですが、ストレスを溜めない方法を自分自身でもチェックすることは大事です。ストレス発散には趣味をすることが一番良いです。ですが、イライラするような趣味だと、せっかくの発散がストレスを溜めてしまうことになり、本末転倒です。趣味がある方は、イライラしない程度に楽しめる範囲で発散、趣味がないという方は、最初はヨガや運動からスタートしてみるのも良いでしょう。自分で自分のことをチェックすることはとっても重要な事です。自分を理解しないと対処方法もわかりません。うつ病にならないための最初の一歩は「自分を知ること」です。

Go to Top