【心の病気】うつ病について理解を深めるためにチェックしよう

食事の考え方

医者

いろいろな病気には必ずと言っていいほど、症状改善できる食事の習慣があります。実は、うつ病にも改善できる習慣はあります。では、その習慣について詳しくチェックしましょう。食事の習慣を見直すポイントとして2つ「考え方」と「やってはいけない行動」です。食事の考え方とは食べ方を考えることです。その考え方とは、一気に食べないことや食べものをよく観察することです。何故この食べ方が症状改善に繋がるのかというと、食事の瞬間を集中することです。ゆっくり味わうことで心のリラックス効果もあり、健康にも良い影響を与えます。続けることで症状改善にも繋がるのです。食事をするときの人数にも気を使いましょう。例えば一人で食事をするときには、先程伝えた食べ物をよく観察してゆっくり食べたら良いです。複数で食事するときは美味しさを感じることも大事ですが「楽しむ」という心も必要です。美味しいものを美味しいと皆に伝えることで会話もはずみ、楽しい環境にすることができ、ストレス改善に繋がります。ですから、うつ病の改善にも繋がっていくことになるのです。食事の考え方を変えるには、普段の食事習慣を自分でチェックしておくことが大事です。
続いては、やってはいけない行動についてチェックしましょう。食事時によくやりがちなのが、スマホを見ながら食事、一人でパソコン画面をみて食事などです。この行動は、うつ病を回復させることより悪化させる可能性の方が高いです。こういった食事をする場合は、ストレスを抱えた方がよくする行動なので、うつ病が悪化する傾向になるのです。皆で集まって食事をすることで、ストレスから逃れることができます。複数で食事をしたいという方は、上記で紹介した食べものをよく観察してゆっくり噛んで食事をしましょう。
食事の習慣の見直しには、ストレスを軽減する力があると言われています。そのため、毎日の食事を徐々に見直すことにより大きな症状緩和に繋がるので、最初に自分の食事風景をチェックしてください。

Go to Top